ウッドデザイン賞2019に入賞しました。

 
2019/10/25
 
 
ウッドデザイン賞運営事務局が主催する第5回ウッドデザイン賞2019年に匠頭漆工のIPPONGIとmebukiが入賞しました。
 
ウッドデザイン賞は、消費者目線での木の良さや価値を有する製品や建築・空間、活動、ビジネスモデル等のグッド・プラクティスを広く募集し、
国内外に発信するための林野庁補助事業顕彰制度。
今年は2018年に立ち上げたIPPONGI、mebukiを応募し両ブランド共に入賞。
上位入賞は惜しくも逃してしまいましたが、
私たちのブランドやメッセージを一人でも多くの方に知って頂く一歩になれればと思います。
 
 
頂いた評価コメント:
”IPPONGI” ライフスタイルデザイン部門〔木製品分野/キッチン・食器〕
一本の樹から削り出したワイングラスで、持った時の木の質感が心地良い。
5種の形と6種の木材のバリエーションで、利用シーンに応じた選択も可能である。
木地師の技と現代の食のシーンやエコロジカルなライフスタイルが融合した逸品と言える。
 
”mebuki" ライフスタイルデザイン部門〔木製品分野/伝統工芸品〕
木地師の技術で漆を塗りこみ金を施した芽節の部分が、
命の息吹を知らせてくれるようでとても美しい。
節入り材に技を加えることで物語性を与え、価値ある製品に変えていく、贈答にも適した製品である。
 
....................................